忍者ブログ
最近あまりゲームをしてないのでWANDERING GAMERから名前を変えてみました。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

万難排してプレオープンしたコーエーのMMO。
実は2月7日からプレオープンが始まっていたのですが、すっかりそんなことを忘れていたので、ようやく本日思い出して遊んでみることにしました。

最初に結論を述べちゃうと、流石にクオリティを求めてプレオープンを延期しただけのことはあります。コーエーというと、コンシューマ機でハイクオリティな歴史物のシミュレーションゲーム(とか、アンジェリークとか)を出していましたが、そのクオリティはMMOでも変わらず。
しっかりした作りこみが素晴らしいです。ここ1年くらいで一番の出来と言ってもいいんじゃないかな。

とりあえず本日、触りの部分を書いてみます。

ところでアンジェリークって私の妹がやっていて知ったゲームなのですが、コーエーだと知った時、すごい衝撃だった。
・・・どうでもいいことです。


キャラ作製画面。
キャラ作製画面で未だに衝撃的なものとして私の記憶に残っているのはLineage2の細かさだったのですが、久しぶりにプラス方向の衝撃を受けました。(別の方向の衝撃としては、手本写真が使えちゃうパーフェクトワールドなんかもありました。マイナス方向の衝撃は言わずもがなセカンドライフなわけですけど。衝撃を感じたいと思った人は、とりあえずサイナップしといてください。)

キャラクターはフツーにアジアンな美人です。
なんだっけ、・・・そうそう、ドデカみたいな(既に一瞬ゲーム名を忘れていましたよ)奇抜さはなく、フツーに「あぁ美人だな」って思います。



ちょっと画像が小さいかな。
顔、髪型、肌の色や髪の色、そして瞳の色をテンプレート化されたリストからチョイス。自分で色を作れるゲームもありますが、そしてそれはそれで楽しいのですが、まぁぶっちゃけテンプレートの方が楽です。キャラメイキングでくたびれたりしません。



あらべっぴん。



あらべっぴん。



あらべっぴん。まぁドレッドヘアはなしかなと思いますけど。
奇抜さはないですよね。ドレカ程には。

そしてプラス方向の衝撃といえば、



声がチョイスできること。
声フェチな私としてはこれは非常にびっくりです。
口調をテンプレートから選び、声の高さを変えられます。
やっていて、「お、なんか菊地真っぽいぞ」なんて思いながら作っていましたが、ログインしたらやっぱり菊地真ってキャラが歩いていました。私だけじゃないんだな、うむ。

ちなみに、声は簡単なところで戦闘中に「はっ!」「とーっ!」などという感じに聞けます。
挨拶なんかもサンプルボイスで流れていたので、多分エモーションがあれば、それにもひっついてくるのかな?後で調べようと思っています。

そうそう、後、コンシューマ向けのコンテンツをたくさん出してきた会社ならではだなと思う部分として、とても解説と設定案内が丁寧。



インターフェースのチョイスが最初にあったり(これは後からでも変更できますが)、ダイアログをきちんと表示して大事なことを説明したり。



同じアカウントのキャラには同じ苗字がつくとか、ちょっと変わってると思いますが、まぁそれはそれでありなのかなと思ったり。
最近のゲームでは、半々くらいの割合?で、例えば知り合い登録が(キャラクター単位ではなく)アカウント単位だったりしていますが、苗字で区別をつけるというのは、なかなかアイデアとしては面白いですね。


肝心のゲームシステムですが、まださわりしかやっていないので、詳細は別途書こうと思っていますが、他のMMOをよく研究しているなと思います。
最近主流となっているクエストをこなすことによってレベルが無理なく上がっていく、クエストによるレベリングガイド型。クエストを持っているNPCは、頭上にマークが出ます。また、クエストは20個まで並行して進行可能。
マウスでの操作は、他のMMOと同様に左クリックで地点を指定して移動、右ドラッグで視点変更。NPCをクリックすると会話ができ、また最近ありがちな「障害物はプレイヤーの良心に任せる」モードではない、きちっとした無理のない地形データ。
ダイアログウィンドウは可変サイズ、最小化可能、固定透明化可能。

戦闘にもスピード感はないですが、例えばパンドラサーガみたいにモンスターに引きずられて攻撃しないとか、ドデカオンラインみたいに座標が取れなくてプルプルしながら固まったりもしません。とてもフツーにデキがよい感じです。ダメージは数値としてpopしますが、オプションで自分と他人のダメージの表示・非表示が選択可能。
後は、やっぱり最近の主流になったのでしょうか、スキルはCABALのように数字キーで発動です。



というわけで、おおよそ不満がない素晴らしい出来具合のMMO。
あえていうなら、左クリック移動が、どういうタイミングか上手く入らないために、移動に少しストレスを感じる程度。2/29までプレオープン、その後正式サービスでは月額課金のようですが、このゲームならやっていける予感がします。
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ webrover.log ] All Rights Reserved.
http://quammo.blog.shinobi.jp/

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
  [ + ]2 0 1 2
   └ 01 January
  [ + ]2 0 1 1
  [ + ]2 0 1 0
  [ + ]2 0 0 9
  [ + ]2 0 0 8
  [ + ]2 0 0 7
  [ + ]2 0 0 6
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析

中の人
Firefox3 Meter
ブログリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ リネージュへ
忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
リンク
[ + ]公式サイト
[ + ]特集記事
[ + ]お気に入り
[ + ]攻略・情報サイト
[ + ]Wiki
---
■新しい記事を書く
■管理画面
Favorates::Antena
RSS表示パーツ
アマゾンおすすめ
まねきねこ★だっく